ヤマトナデシコ七変化

ヤマトナデシコ七変化


ドラマ 全10話
wikipedia

あらすじ

2010年1月15日から2010年3月19日まで、TBS系列の金曜ドラマ枠に於いてテレビドラマとして放送された。主演はKAT-TUNの亀梨和也。亀梨にとってTBSの連続ドラマの初主演作である。ヒロイン中原スナコ役の大政絢は地上波初ヒロインになる。また、宮尾俊太郎と神戸蘭子は、本作品がドラマ初出演となる。
累計750万部を売り上げているはやかわともこの人気コミック「ヤマトナデシコ七変化」がついにドラマ化。 カッコよすぎる自分に潜在的にコンプレックスを抱き、根は優しいくせについイライラと人に対して攻撃的に振舞ってしまう主人公・恭平(亀梨和也)と、 “ブス”だというコンプレックスから“女”を捨て、暗闇と孤独の世界でしか生きていけない体質になってしまった超ホラー少女・スナコ(大政絢)が織り成すラブコメディ。 ホラー少女であるスナコを「“レディー”に変身させてくれれば下宿代はタダ!」という提案に乗った万年金欠の恭平は、雪之丞(手越祐也)、武長(内博貴)、蘭丸(宮尾俊太郎)という超美形の3人の同居人たちとスナコ改造計画に乗り出す…。 ある出来事がきっかけで“ブス”である自分を嫌い、ホラーの世界に一人閉じこもってしまったスナコ。 一方、カッコよすぎるが故に様々な迷惑を被ってきた恭平も、自分がイケメンでなかったら何の価値もない人間なのではないかという不安を持っていた。 外見に惑わされずに本当の自分を見てくれる人はこの世に存在するのか? 自分に自信の持てない恭平とスナコは、合わせ鏡のようなお互いの存在をきっかけにして自分自身と向き合い、成長していく。

リスト

  • 総コメント数:60件