anego-アネゴ-

anego-アネゴ-


ドラマ 全10話
wikipedia

あらすじ

『anego-アネゴ-』(あねご)は、林真理子原作の小説であり、それをベースにした日テレ系列の2005年4月20日から同年6月22日まで水曜ドラマ(22時)で放送されたテレビドラマである。初回と最終回は15分拡大。同年12月28日に単発番組が放送された。
32才のOLの奈央子は焦っていた。表向きは平静を装っていたが、自分は結婚できるのか、この年までひとりでいるのだから、平凡な男じゃイヤという思いでがんじがらめになっていた。そんな彼女にアプローチしてきたのは、新入社員の黒沢。後輩に慕われ、頼りがいのある奈央子を「アネゴ!」と呼ぶ彼に、奈央子は男性を感じることはなかったが、ある日、酔った勢いでふたりは一夜をともにしてしまう! 林真理子のベストセラーを篠原涼子主演でドラマ化。自分の居場所がほしい、幸せになりたいと願いながらも、人の世話ばかりやいてしまい、自分のことはまるっきり空回りしてしまうヒロインを演技力には定評のある、篠原涼子が好演。同性の圧倒的な指示をうけたヒットドラマだ。また黒沢を演じた赤西仁はジャニーズの人気グループKAT-TUNのメンバー。気負いのない自然体の芝居で魅了した。ほか、ともさかりえ、加藤雅也、戸田菜穂が共演している。

リスト

  • 総コメント数:1件