仮面ライダーBLACK RX

仮面ライダーBLACK RX


ドラマ 全47話
wikipedia

あらすじ

『仮面ライダーBLACK RX』(かめんライダーブラック アールエックス)は、1988年(昭和63年)10月23日から1989年(平成元年)9月24日まで毎日放送、TBS系列で毎週日曜10時00分から10時30分(JST)に全47話が放映された特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローの名称である。
仮面ライダーBLACK = 南光太郎がゴルゴムを滅ぼしてから半年が過ぎた。その戦いで心身共に傷ついた光太郎は、おじの佐原俊吉の元に身を寄せる。そして佐原の航空会社でヘリコプターパイロットの職を得て平和な日々を過ごしていた。 ある日、光太郎は光を発する3本の不思議な杭を目撃。杭を設置する怪人の目撃情報を得て調査を行う途中、怪魔界から現れたクライシス帝国の前線基地であるクライス要塞に拘束された上で拉致される。 そこでクライシス軍司令官ジャーク将軍は光太郎に、クライシス帝国の尖兵となり地球の全人類を抹殺することを要求する。だが、光太郎はこれを拒否する。ジャーク将軍は光太郎のベルトの変身機能を破壊した上で宇宙空間へと放逐する。 宇宙空間へ投げ出された光太郎は、命の源である「太陽の石」=キングストーンに太陽光線を浴びて進化、仮面ライダーBLACK RXに生まれ変わった。自らの体の変化に驚くRXの元にかつての相棒・バトルホッパーもアクロバッターとして生まれ変わって駆けつける。 かくして、仮面ライダーBLACK RXとクライシス帝国との戦いの火蓋は切られた。

リスト

  • 総コメント数:6件