探偵学園Q

探偵学園Q


ドラマ
wikipedia

あらすじ

『探偵学園Q』(たんていがくえんキュウ)は、原作:天樹征丸、作画:さとうふみやによる日本の漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、ドラマ作品である。
以下のあらすじは原作のものであり、アニメ、ドラマのあらすじとは異なる。 主人公キュウは幼い頃に誘拐された際に助けてくれた探偵のおじさんを慕い、「世界一の探偵」になることを志す。その夢を叶えるために伝説の名探偵、団守彦が設立した探偵養成学校、通称DDSに入学し団が持つ警視庁特別公認探偵の称号を受け継ぐ資格を与えられたクラス、通称Qクラスの一員となる。キュウは同じQクラスメンバーの美南 恵、天草 流、鳴沢 数馬、遠山金太郎と時には競い合い、時には協力しながら団守彦の後継者を目指していく。 だがしばらくしてかつて団守彦が助手の命、そして自らの下半身の不自由という大きな代償と引き換えに壊滅に追い込んだ犯罪集団「冥王星」が再び暗躍し始め、Qクラスも冥王星の悪意に巻き込まれていく。流は祖父が冥王星の首領、キング・ハデスだということを知り苦悩する。そしてキュウはそんな流の苦悩と探偵のおじさんが冥王星との戦いで命を落とした団の助手、連城 暁であったことを知り、冥王星に負けないという意思と連城への憧れを強めていくのであった。 団が病に倒れたのと時を同じくしてキング・ハデスの最終計画「棲龍館殺人事件」が発動し、流はその犯人に仕立て上げられそうになるがキュウと流の深い信頼はその目論見を打ち破る。そしてキュウはキング・ハデスの口から連城暁が実の父であると告げられるも動することなくキング・ハデスに立ち向かう。自らの敗北を悟ったキング・ハデスは流の記憶を開放し、自ら死を選ぶ。 団は後継者の証となるメダルの欠片をQクラスに渡し全員を後継者とすることを告げた後、この世を去るのであった。

リスト

  • 総コメント数:1件