太陽と海の教室

太陽と海の教室


ドラマ
wikipedia

あらすじ

『太陽と海の教室』(たいようとうみのきょうしつ、Homeroom on the Beachside)は、2008年(平成20年)7月21日から同年9月22日まで、フジテレビ系列で、毎週月曜日の21:00 - 21:54(JST、通称月9枠)で放送された織田裕二主演の連続テレビドラマ。全10回。また、2012年(平成24年)1月7日(1話〜5話)、1月14日(6話〜最終話)にフジテレビTWOで一挙再放送した。 2012年11月現在、DVD化はされていない。
舞台は湘南の超有名な私立進学校・湘南学館高等学校。この学校では理事長の神谷龍之介の偏差値至上主義かつ受験重視の教育方針のもと、生徒達は熾烈な受験勉強に励んでいた。 そんな湘南学館に通う、3年1組の根岸洋貴と白崎凛久は、通学途中に正体不明の男が突如海から現れ、溺れた子供を鮮やかに救出する場面に出くわす。その男こそ凛久達のクラスの新しい担任教師として赴任した櫻井朔太郎だった。 櫻井の突飛ともいえる授業手法に副担任の榎戸若葉や生徒達は戸惑うばかり。ついには相手にされなくなるが、櫻井はそれを気にすることなく、時には大胆に、時には根気強く生徒達の問題と向き合い解決していく。 だが櫻井が赴任した本当の理由は湘南学館が抱える「秘密」を解決するためだった。

リスト

  • 総コメント数:2件