ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド


第2話
wikipedia

あらすじ

『ストライク・ザ・ブラッド』(STRIKE THE BLOOD)は、三雲岳斗による日本のライトノベル。イラストはマニャ子が手掛けている。ジャンルは「学園アクションファンタジー」。「学園アクションファンタジー」と「制御不能な怪物を受け入れて、それを救おうとする人々の物語」がコンセプト。略称は「ストブラ」など。2013年3月にアニメ化が発表された。
伝説の中にしか存在しないとされていた最強の吸血鬼"第四真祖"。日本に出現したそれを監視・抹殺するために、政府の獅子王機関が選んだのは、何故か見習い"剣巫"の姫柊雪菜であった。分不相応な任務と、その具体的な内容に戸惑いつつも、魔族特区"絃神島"を訪れる雪菜。彼女の監視対象の名は暁古城。絃神島内の私立高校に通う学生であった。

リスト

  • 総コメント数:4件