ゴルゴ13

ゴルゴ13


全50話
wikipedia

あらすじ

『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の漫画作品、及びその主人公である架空の人物の呼び名。連載40周年を記念した作品で、初のテレビアニメ化となる。テレビ東京系列6局及びBSジャパン・一部の独立UHF局及び地方局にて2008年4月11日(テレビ東京の場合)より放送を開始し、4月13日にBSジャパンで放送を開始した[6]、翌2009年3月27日で放送を終了した(基本情報はテンプレートおよび放送局の項を参照のこと)。

超一流のスナイパー(狙撃手)「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍及び活躍の元になった事件に関わる人たちを描く。 社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は、脚本家が多数に及ぶこともあって、非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、戦争・紛争、ゲリラ活動、テロリズム、麻薬組織など犯罪組織、企業活動、芸術・スポーツなど文化活動、歴史問題・地理問題、最新テクノロジー、ミステリー、自然災害なども題材となっている。

リスト

  • 総コメント数:25件